さて今ごろになって、こっそりと。


by sakuranosoushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:喜怒哀楽/feelings( 18 )

あまりに長いこと・・・

ほかりっぱにしておいたのに今気がつきました。
デザインは変えてみたものの・・・どうしようかな。

こっそりリニューアルオープンするとしますか。。
[PR]
by sakuranosoushi | 2007-11-08 02:10 | 喜怒哀楽/feelings

至急

じゃなくて子宮だ。
子宮があるのは女のみと思っていたが、
どうやら中性化のすすむ人間社会では男も子宮があるのが出てきたらしい。
どうか少子化対策と医学に貢献してください。

気炎モウモウでかなり笑えます。

リンクは危険っぽいのでなし。
興味がある人は個人的にメールでもくださいまし。


ある先生に相談事があるといわれて呼び出された。
ん~まあ結局はその人の知り合いのめんどうをみてほしいってこと
だったんだけどね。。。
「あなたは着かず離れずで誰とでもうまくできる人だから最適と思って」
って、確実に八方美人と思われてます、ハイ。ものは言い様。
(英語で八方美人って言えませんでした、泣)
話にきくだけでもう既にややこしい雰囲気いっぱい。
上の話にしろ、時事にしろ、この相談の内容にしろ
人間はもともと好戦的なんじゃないかと時々思ってしまいます。

対立が生まれるのは当然のことですが
嫌いで関わらずにすむものならほっといたらいいのにねぇ。
とほほ。
[PR]
by sakuranosoushi | 2005-10-04 07:06 | 喜怒哀楽/feelings

あんた、死ぬわよ

ここ数日風邪なんだか流感なんだかでひどいです。
論文に集中できません。
アタマがぱーぱーのようで。
おかげで更新続きなんだけど。
寝りゃ治るんだろうけど 鼻つまっててせきがでるし、
体の右半身にウイルスが行ってるらしく 妙に痛いし。

こりゃー運気あっぷが必要です。
これをごらんの皆さんも必要な人がいるでしょ?

最近 細木数子先生はどうしてるんでしょうか。
まだテレビで芸能人斬ってますか?

細木先生からのあやかりものです。
ありがたーく拝んでください。
あまりに運気あっぷしすぎてあっぷあっぷしますから。
私は見て風邪がペストに変わったぐらい悪化しましたw

警告しましたからねー。
私、一切の責任はとりません。
18禁です。

A
B
C
D




エロブログではありません。念のため。







私今まで知らなかったんですが、
数年前開運のために本当に一肌ぬいじゃうとは・・・・w
ありがたやありがたや。
げほっ風邪が悪化してきました。寝ます。
[PR]
by sakuranosoushi | 2005-09-28 17:00 | 喜怒哀楽/feelings

ニューメキシコ2

更新怠っていて、なんだか旅の新鮮さが薄れてきてしまいました。。
さっさと一気に終わらせてしまおう・・・

グアダループ山。テキサスで一番高い山らしいですが、
岩山で、形はちょっとおもしろいけどなんてことはない。
でもテキサスは山とよばれるようなものがないので、
一瞬おおっと思ったりする。

カールスバット鍾乳洞。
国立公園にもなっているらしく、全米第二位の大きさだとか。
どのくらい大きいかというと、フットボールスタジアム6こ分らしいっす。
(日本では東京ドーム何個分が基準になるけど、こっちではフットボール)
エレベーターで250メートル降りたところに でかでかと鍾乳洞が
広がり、歩いて回ること1時間半。
鍾乳洞というよりはハイキングよね。。。
鍾乳石自体はまだ若いのか、ただの洞窟じゃん、と思えるような箇所もあり。
まあ、鍾乳洞の中に売店やらトイレやらがきちんと用意されてるので
長時間耐久レースもなんとか持ちこたえられる。
時々鍾乳石のネーミングセンスに笑かしてもらう。
「洞窟男」(ケーブマン)というのがあるんですが、まじでおっさんだから。笑

これらを終えて北上してサンタフェに向かう。
5時間ドライブ。
途中ロズウェルに立ち寄る。といってもコンビ二。
NHKでやってたエイリアンドラマを見ていた人はいる?
ロズウェル、実際にはなんもない小さな田舎町。
でもエイリアンミュージアムがある。着いたときには閉館時間で残念でした・・・

その後高速ですっとばしていときに、ひょこひょこ出てきたウサギを
轢き殺してしまう。。。これは衝撃だった。
120キロでてるので、車のライトがあたる距離に見えたころにはもう避けよう
もなく・・・合掌。。。
今まであっちこっちの高速道路で動物の屍を沢山見てきたけど、
(鹿、牛、リス、スカンク、ウサギ、鳥・・・)まさか自分が轢くことになるとは思って
なくてショック・・・。

サンタフェ(写真上)は芸術の街。
アメリカ原住民とメキシコの文化が混じってるんじゃないかな。
きれいだけど、意外と歴史のあるところみたいです。
あちこちにギャラリーが。アメリカ原住民の工芸品なんかも興味深い。
そしてサンタフェで立ち話した写真家が教えてくれたアメリカインディアンの
保護地区があるところに行く。タオスという小さな町なんだけど、
そこでは原住民の集団住宅地が。(写真下) 実際今でも住んでいるのは
5家族のみで、あとは周辺にそれぞれが家作って住んでました。
中に教会(カトリック)があって、なんだか不思議な感じがした。
カトリックってことはやっぱ、メキシコ文化の影響受けてるのねー多分・・。



d0031637_3215943.jpg


d0031637_3222252.jpg


まあ、端折るとこんな感じでした。
帰りはサンタフェからラボックへ行く最短距離の高速でない道を使ったん
だけど、ニューメキシコを出る前の道はまさしく うさぎ王国でした。泣
道沿いにうさぎがぴょんぴょんしてるのね。
それもまた半端な数じゃない。一分間に2、3匹見る、そんな道を1時間
近く走らなくてはならず、精神的な負担が大きかったことったら・・・
頼むから道に出てこないで、と祈りつつ、なんとか2匹目の犠牲は出さず
無事に帰ってこられました。
[PR]
by sakuranosoushi | 2005-05-31 03:26 | 喜怒哀楽/feelings

ニューメキシコへ

ニューメキシコに行ってまいりました。

テキサスの西隣の州になります。
通常旅行は飛行機や電車を使うほうが心地よいものですが、
米国で都市以外を回りたいときには車を使うことをおすすめします。
というのも、見所がとんでもなく離れてるので、
飛行機を使っても結局は車を使わざるえないからです。
飛行場まで行って飛ぶのを待って、とやってる時間があるなら、
少々時間かかっても車で行って 行く先々立ち寄るほうが
いろんな意味でお得。

ふ~ん、そうなんだ。

と思ったアナタ、

でも実行する前に以下を読んでからにしましょう。
やる体力と勇気がある人のみね。
今回の走行距離約1500マイルでした。(1.6かけるとキロになります)

7時半出発。高速を使って120キロ以上で飛ばしニューメキシコとテキサス
の州境に到着したのは9時間後。
テキサスからニューメキシコに近づくにつれ、緑がだんだんなくなっていき、
岩ごろごろした山が見え出します。
そこからさらに2時間、ようやく目的地に到着しました。

ホワイトサンズ。

名前と写真の通り、白い砂がいっぱいのところです。ははは。
ちょうどいい時間帯に着いたため(日が沈むとき)
ものすご~くきれい!11時間かけてもいった甲斐があったというもの。
広大に永遠に続く白い砂丘が。
少し違う静寂感はなんだったんだろう。
街からはずいぶん離れていて、回りもなーんにもないところに突如
表れた感じのする砂丘でした。

日が暮れてしまったので、宿を探しに街に戻ることに。
エルパソというテキサス、ニューメキシコ、メキシコの境にある中規模都市。

ああ~ここでは悪夢が。。。
米国に来たことがある人なら分かると思うけど、こちらの不法入国取り締まり
かなり厳しい。実はホワイトサンズに行く途中でも入国管理局の検問が
あって、
パスポート、もってない・・やべっ(汗
ということだったんですが、
「国内旅行なんで、大丈夫かと思ってました~♪」
と笑顔でごまかして通り抜けました。
多分中東系かメキシコ系ならば簡単には抜けられないと思う・・・
この検問、メキシコ国境に近いところから北へ伸びている道には
必ずといってよいほど検問所が設けてあります。
要注意です。

不法入国したってちょっと離れたところを歩いて通り抜けるかもしれんやん~
検問って役立つの?

と思ってる人いるでしょうね。私も最初はそう思ったけど。
2,3日分の食料、水、寝袋を持った登山慣れしてるような体力の人ならば
徒歩で検問避けて他にたどり着くことも可能かもしれません。
そのぐらい、とにかく真っ直な道一本道がだだっ広いところなのよ・・・
街も何もないから、普通の体力の人なら待ち合わせ場所に行く前に
確実に死ぬね。

話はエルパソに戻るけど、メキシコに出ちゃうのはいとも簡単で
もちろん米国入国が厳しくチェックされるというのは同じく。
暗くて地図もなかったために、ぐるぐるしてたらなんだかよく分からないけど
だんだん英語がなくなっていく・・・・?スペイン語ばっかりに・・?
テキサスにいるはずなのに、道路標識のデザインがなんとなく違うよ?
ここはテキサス?メキシコ?
どっちなんだぁぁぁぁっ

あせりました。
いや、あせった。人生で一番あせった瞬間かもしれない。
パスポートなしでメキシコに出ちゃったら、

ああっ

想像したくない・・・

Uターンができない道だったので、とにかく右折をしてみる。
街の人におそるおそる きいてみる

「あの~ここはU.S.ですか?メキシコですか??」」

ほろ酔いのおじちゃん。ちょっと びっくりした顔をする。
「アメリカだよ~」

ああああああ・・・よかった。。。。
動物の勘にまかせて知らない街を暗闇でぐるぐるするのは危険だということ
を今回の旅で学びました。
もうしませーん、泣。

エルパソ、きらい・・・。

つづく。
d0031637_969100.jpg

d0031637_963121.jpg

[PR]
by sakuranosoushi | 2005-05-26 09:08 | 喜怒哀楽/feelings

動物がこわい・・・

テキサスにきてからというもの、
動物がこわくなりました。
数日前の日記に書いたブラックのお兄ちゃんを笑えなくなりました。

ってか、動物が人間を怖がってないから?

犬猫がひとなつっこいのは ちょっとうれしい。

でも何を考えてるか分からない生物が近寄ってくるってのは
ちょっと。。。。いや、本当に、何考えてるか分からない顔してるんだってば。。

うちのドアの前に巣をつくろうとたくらんでるらしき、ツバメ夫婦。

ドアを開けると、威嚇してきます。
そのうち足蹴りしてきそうな勢い・・・
てか、私はここに住む権利あるんだけど・・ドア開けてもよろしいでしょうか??泣

ツバメって、かわいかったよね~??(T_T)
攻撃的じゃなかったよね~??

ちなみに学校の公園にうろちょろしてるアヒルも怖いです。
アヒルだかカモだかしらないけど、黒くて、でかい。
近寄ると があがあ 首伸ばしてわめく・・・
ってか・・道で行く手を妨げてるのはキミだから・・・

お願いだからどいてぇぇぇぇ。。。泣

近くにあるサファリパークみたいなところで
ダチョウが首をゆさゆさ左右に振ってるダンスを見たことを思い出しました。
あれも威嚇だった・・・こわいよ~助けてくれ~・・・
ここでは野生において決して人間が優位にたってるわけじゃない
ということを感じさせられる。。。

牛も無表情で寄ってくるので、油断できません。。
d0031637_4194067.jpg

[PR]
by sakuranosoushi | 2005-05-14 04:14 | 喜怒哀楽/feelings

言論統制賛成。

昨日ブログした途端、北からミサイル発射(実験かまたは示威か)があったようですねぇ。
これにより私は不利益を被りました。
北朝鮮民主主義人民共和国を告訴します。デモします。指切ります。笑)
(民主主義かどうかは別としても・・・長い名前だなぁ)

昨日書いた内容を元相方J(韓国人)に伝え、加えて
「のむひょん君、まさに失政じゃん。親米はいませんとか中国と軍事交流するとか言って、
米国の気分かなり害したよね。もう米国は助けないよ。
日本の事もさ~さんざん反日煽った挙句、ドイツやらあっちこっち言って悪口言いまくった
よね。なんかあってももう日本も助けないよ?(* ̄m ̄)ゥヒヒッ」

と からかった。

これにはワケがある。
朝鮮日報とか韓国系の新聞にもうほとほとうんざりしてたのだー。
これらのメディアの影響で、「日本はひどい!」と私も数人から文句を言われた。
新聞やメディアて情報を正確に伝えるのがお仕事ちゃうん。
例の反日報道もそう。「竹島は日本の領土だと政治家が妄言を吐いた、
日帝の侵略という暴挙をまた繰り返そうとしている!」
これがメディアの流すものですか?笑いとってるの?
そして、きちんと検証された記録や証拠をもとに文句をいうのならばまだ話はわかる。
ウルルン島の隣の小島を「これが独島がウリナラのもんであった証拠」とかという
ばかげた地図を載せてみたり、(あきらかに位置が竹島じゃないもの)
都合が悪くなると、英語版日本語版とは違う記事を韓国版では載せてみたり、
ふつ~に考えて頭おかしいだろ、というものばっかり。

ただでさえ、かのお国は幼児のころから「残虐な日帝」洗脳教育をされてる。
煽るのは赤子の手をひねるより簡単なのだ。
「もともとCoreaの綴りだったのに、日帝がJapanより前に来るのが気に入らないから
Koreaの綴りに変えたんだ、だからCoreaの綴りに戻すべき」
とかいう馬鹿げたことを高校の社会科教師がまじ顔で教えてるってこと、
日本人は何人知ってるんだろ。
(でもちなみに今変えたところで、Republic of Coreaになるんだけど分かってんのかな)

私は侵略否定する気も美化する気もないけど、
「お前レイプした犯人だろ、1兆円払えよ、死ぬまでうちで働けよ、お前の子も手伝え」
というのは不当だということです、普通の刑事裁判と比較してもね。
(ちなみにレイプじゃなく合意の上だったとかそういう問題は今は避けるとして)
やったことに対して償うべきで、やらなかったことに償う必要はなし。
てなわけで、正確な検証やら記録やらが重要なのにも関わらず、そこをすっとばし
あおるあおるの韓国メディア。反日をいえば視聴率がとれるテレビ。
どうなの、これは。

ところが今回のミサイル発射はとことん黙る韓国メディア。
(今は載せはじめてるけど、最初のころは腰が重くて、しかも
「ミサイル発射確認はとれてない」などと言っていた。)
多分北朝鮮を刺激したくないんだろうね。勝手なもんだ。
北が崩壊したら一番被害被るのは南だからな。。。

という状況があって、Jをからかってみたわけです。

さて、すっきりしたので、私は寝ました。

りんりんりん~~・・・
「・・・はろー?・・・」

「やっぱりね~君の言ってるように、米国、英国、日本のには北朝鮮情報があるのに、
韓国のには詳しい情報のせてないんだよ~~っっ 泣、戦争始まるの?始まるの?」

スマンかった。ちょっとした冗談よ~。米国も中国に話させようとしてるし、先制核使用も
非核国からどういう意見がでるか分からないし、決まったことじゃないんだよ~
(朝5時です寝かせてください・・・)

「韓国の軍事評論家が90%戦争になる、って言ってるのを見た!」

こらららぁぁ・・どいつだ、それは。。。(チマンウォン先生だということが発覚)
首に縄つけてつれてこい・・・

「家族に水と食料用意するように電話したよ。どうしよう、米国に来るように言うべき?」

水と食料ってアンタ・・・そんな何十年昔の戦争の話をしてるんでしょう・・・

「ソウルは米兵が多いから、化学兵器とか使われたら終りだよ・・・」

なら水と食料はどうやって使うん・・・?
てか、学期末の勉強をしろ、または寝なさい。その心配が先。

Jは我が女友達をして「立身出世意欲のない羊男」と言わしめた人柄。
ゆえに、羊がパニックになるとこうなるのだということを今回知った私。

言論統制してくださいまし、韓国メディア。
やっぱ必要だわ。私が間違ってた。羊パニックをこれ以上作らないで・・・
[PR]
by sakuranosoushi | 2005-05-02 23:35 | 喜怒哀楽/feelings

訃報

2週間もたって訃報ってのもなんなんですが、
我が愛犬が逝ってしまいましたです。
14歳で、特に病気とかでもなく、多少ボケが入った挙句の老衰でした。

ここを見に来てくれる人の数人はマロンと会ったことがある人だからね~
一応報告まで。。

(マロンはうちの実家で飼われてたゴールデン)

マロンは生涯で2度しか自主的にほえなかった・・・・
最初は家族が旅行に行ってる間1週間よそにあずけられてて、再会したとき。
うんともすんとも言わない犬なのに、くるったようにほえだした。
いや~ごめんよ。。さびしかったのね。

2度目は死に逝く当日。
父母が傍にいたり、なでてる間はおとなしかったらしいんだけど、
出かける準備をしたり、離れたりすると 力ふりしぼって ほえてたそうな。
首も動かせない衰弱状態なのに、マロンにしてみれば ほえるってのは
そうとう体力いったろうに。
犬でもやっぱり最期の別れは悲しいのか、不安だったりかするのね。

まぁてなわけで、泥棒さんや怪しい人にほえるということは全くなしの、
番犬には最も向かない犬で、ポメに唸られて逃げ回ってるような子。
でも、時々ちょっと駄々っ子のようなでした。
私が渡米した日なんかは一日いじけて食べなかったりしてたしねぇ。。
あーあ。正月のときはまだ元気だったのになぁ。。

私、人間より犬のほうが好きかも。

合掌~。
[PR]
by sakuranosoushi | 2005-04-30 09:00 | 喜怒哀楽/feelings

宿命

ああ。。。もうどこへ行っても逃れられない・・・
ってことに気がつく今日この頃。
ここ2週間ぐらい特にひどいんです。

日本にいたときもすでに天気のよい日などは兆候があった。

それは、

「花粉症」

花粉症は、杉花粉だから、杉のないところで花粉症なんておこりっこない、
と思ってたんだけど、これは間違い!
テキサスではナラの花がひきおこす花粉症まっさかり。。。

針葉樹と広葉樹の違いも 花粉症においては区別なし。
鼻水くしゃみ、目のかゆみ。

ちなみに何とかっていう干草(牧場用)も同様のアレルギーを引き起こすことがある
らしく、一体自分の体が何に反応しているんだかさっぱりわかりません。

生きにくい世の中だよ・・・泣
[PR]
by sakuranosoushi | 2005-04-08 21:25 | 喜怒哀楽/feelings

アメリカの春を思う

春がきたな~と感じる今日この頃。アメリカの春はこれで3度目。
3年もこんなところにいるよぉ・・

で、いつ春を感じるか。
猫がみゃあつく鳴きだしたでもなく、気温が上がったでもなく、
春の花が咲くでもなく。
ここでは春を無理強いさせられるんです。
 
『強制的』に、です。

それは恐怖のサマータイムのはじまり。

ある春の日曜日、突然一時間失うのです。
携帯、家の時計から車の時計までまずは直さなきゃはじまらない。

直したつもりが、目覚まし時計だけ忘れてたりすると起きてシャレにならない。

ぎょ・・ぎょわぁいぃ・・・

と意味不明な叫びを発して10分で家を出る支度。
これが今週の始まりだった。

一時間早めるため、もちろん夕方は今だと6時すぎまで余裕で明るい。
これが夏になると9時まで明るいのよ・・・。

確かに日照時間の有効活用だとは思うけど、慣れるまでは結構つらい。
[PR]
by sakuranosoushi | 2005-04-05 21:24 | 喜怒哀楽/feelings