さて今ごろになって、こっそりと。


by sakuranosoushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ビジネスレター

就活を少しずつはじめてる。どこが私を雇ってくれるんだろう~笑)
日本では就活はほとんどしなかったので、日米比較はできないけど
履歴書の書き方も随分違うし、戦略も違うなぁ。

ところで、自分も職を探さねばならないんだけど、
一方で私が今やってる編集の仕事の跡継ぎも探さねばならず・・・。
編集長の教授からは「政治学で院に行く気はないの?入れてあげるわよ、
で、もう2年働くってのは?」
というお誘いをうけましたが、そんなことをしていたらさすがに○歳に
なっちゃうよ・・・・いくらなんでももうそろそろ稼ぎがほしいところ。

辞めなきゃならないなら、アメリカ人以外、長く働ける、常識がある、真面目、
賢い、信頼できる、そういう人を探してきてちょうだいな、というお達し。
あちこちに募集の知らせをして、いくつかメールを受け取ったんだけど、
どのメールにも最初はびっくりしてしまいます。
誰もが米国にある程度は生活していて、英語で小論なんかも書いてるん
だろうけど、大半は受け取った私が「ぎょっっ」(・。・;としてしまうものが多い。

ハロー、ボクの名前は○○、まだ仕事ある?興味あるから情報送ってくださいね~。

日本語で訳したらこんなニュアンス。

落とすぞ~こらぁ。と正直、思います。笑)
レビューをしてくれる教授と大量にメールでやりとりしなければならない
お仕事なので、こういうメールしか書けない人なら致命的。

でも、ビジネスレターの書き方を知らない、同じく院生の私宛なので
堅苦しいもんを送る必要はないと思ってる、などの可能性があるので、
一応丁寧な形のメールを返信して2度目のメールを待つ。
そこで何かしらの変化があるなら 見込みありということで会って話して
みようという気になる、そういう感じで。
人事の人間も苦労してるわけだ・・・苦笑。

今回いろんな人の申し込みの文章を見ていて特に思ったのは
留学生、Iを多用しすぎ。常に文頭、主語がI・・・で始まるのは幼稚くさく見える。
I am ○○. I am a mass com grad student. I am interested in the job.
I will study here in the next semester too.
言いたいことは分かる、文法も間違いはない。でもバカっぽく見えちゃう。
私は、私は、私は、って。もう分かった分かった、と思うでしょ。
あと、最初に名前を名乗る必要はない、末に名前を入れるんだから。

まあもっとも私も2年前なら同じようなもん書いてたのかも。笑)
こっちに来て英語の能力が格段に上がったとはあまり感じないんだけど、
肌で感じるもんは確実に増えてるような気がする。
中指立てられたら今ならムカっとするし(渡米当初はなんも感じなかった)
メールを読んで(ネイティブの)ある程度どういう人物かとか六感が働く。
色々いい経験させてもらってて、ありがたい限りです。
[PR]
by sakuranosoushi | 2005-09-09 10:52 | 書きっぱ/leisure