さて今ごろになって、こっそりと。


by sakuranosoushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

BOOK BATON

CRAVEさんからまわってきたBOOK BATON。
書籍紹介って なんつーかプライバシーを公開しなくちゃ
ならない状態みたいで恥ずかしいね。

1. 持っている本の冊数
正直数えたことないっす。小さい本屋一軒ぐらいかなぁ。。。
親元に45パーセント、昔住んでいた家に50パーセント、
今現在所有してるのが5パーセント満たないぐらいか。
3段本棚2つが満杯で、机と床に積んでる分があるので、
(これら)×20でお願いします。

2. いま読みかけの本
ほぼ終わりそうなのが 「ブッダとそのダンマ」
インド仏教としてはそれほど珍しいことは書いてないけど、
精神的に疲れてるのでこういうのもたまにはいいです。
仏教はインド仏教、ブッダオリジナルに勝るものはない~笑)
宗教というより 哲学だしね。腐れ大乗、小乗。
インド哲学は派も色々、歴史も色々で興味深い。
それと「Church-State Constitutional Issues」
これは論文のために読んでるもので、政教分離に関するこのようなものを
大量に読まねばならん状態にあります。

3. 最後に買った本(既読、未読にかかわらず)
「在日・強制連行の神話」韓国語の恩師 鄭先生の本☆
トピックは在日に限られているけれども、ここから日韓の現状を
ある程度広げて考えることができる一冊。
こういった批判本系は中に引用されてる他本もあわせて読むべし。
特に反対意見のね。

4. 特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊
本っていうよりは、作家になっちゃうか。。
塩野七生のローマシリーズ。歴史嫌いな人は避けるべきもの。笑)
彼女の視点が他の歴史本書いてる研究家とはちょっと違い斬新でいい。
分析や観察力が細かい。
カミュ。シーシュポスとか幸福な死とかが印象的。小説もいいけど、
哲学要素が混じっているほうが彼の闇が見えて惹かれる。
三島由紀夫。あの文章能力の芸術性はありえないし、誰もこえられない。
Speeches of Twentieth Century。人はどういう言葉に酔いしれてしまう
のか分析できる。英語だからというのもあるけど、どういった言葉
が強い言葉なのかがわかる。人間って単純だなと分かる、笑。
The Process of Legal Research。これは特別な思い入れというか、
この本の知識を失ったら私はここで法関係のお仕事ができません。笑)

5. 次にまわす人5人まで
Ananさん。
前にも書籍の話題が出ていたので。披露してくださーい。出産後でもOK。
Taroさん。
これ、見てくださってたら、music batonの次はbook batonでお願い
します。笑)

以上。
[PR]
by sakuranosoushi | 2005-07-01 05:44 | 書きっぱ/leisure